カウンターテーブル
カウンターテーブル

Count: 21969
Welcome to コイヌ君Cafe

お名前
性別 男性女性
URL
MAIL
コメント
アイコン  
文字の色
登録情報を保存する
管理者はパスワードを入力
Cafe日誌No.19720
2022年07月01日金曜日 04時01分

大分夜も遅くなった頃、またJuliusSailiがやってきた。断っておくが、この店はこういう客ばかりじゃない。なぜか、宝塚口調で喋り出した。
タレコミ屋 JuliusSaili    
「darkmarket <a href="https://monopoly-marketpolace.link/ ">darkweb marketplace </a> 」
ちょっとよそでは聞けない話である。
Cafe日誌No.19719
2022年07月01日金曜日 04時00分

大分夜も遅くなった頃、またCraigpekがやってきた。優男は腰を左右に揺らしながら歩いてきた。Craigpekはカウンターの上にあったニューヨークタイムズを明読し始めた。
タレコミ屋 Craigpek    
「dark markets <a href="https://torsmarketplace.com/ ">dark web market links </a> 」
本当はこのようなこと一文字も思ってはいない。口先だけの優男だ。
Cafe日誌No.19718
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。紳士はウィンクを店にいた女子高生に送り(片目だけのウィンクはできないらしい)、VictorSwelSは思い出したかのように、こう言い出した。
職業不明 VictorSwelS    
「dark web links <a href="https://monopolymarketdarkweb.link/ ">tor markets links </a> 」
この紳士からこの話が出てくるとは思わなかった。
Cafe日誌No.19717
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。この辺りでいい噂は聞かない・・・。RichardMAXは怪しい通訳を通して話しかけてきた。
職業不明 RichardMAX    
「bitcoin dark web <a href="https://darkode-reborn.link/ ">deep web drug markets </a> 」
人間も、ここまで落ちぶれると大したものである。
Cafe日誌No.19716
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。インテリを装ってはいるが、かなりワルそうだ・・・。Bradleyaremnはあちきにペコペコお辞儀をすると、童子のような眼で、語り出した。
職業不明 Bradleyaremn    
「dark web sites <a href="https://darkwebmarkets.online/ ">dark web market list </a> 」
何を言いたいのかサッパリ分からない。
Cafe日誌No.19715
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。インテリを装ってはいるが、かなりワルそうだ・・・。EdwardSkynCは怪しい通訳を通して話しかけてきた。
職業不明 EdwardSkynC    
「darknet drug store <a href="https://darkweburl.online/ ">dark websites </a> 」
とても美女を恐れている。あちきはそう直感した。
Cafe日誌No.19714
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、またTommylofがやってきた。オヤジはウィンクを店にいたセクシーダイナマイトに送り(片目だけのウィンクはできないらしい)、自分が愛していたのはセクシーダイナマイトだけだったんだと言い始めた。
売人 Tommylof    
「dark web market links <a href="https://tor-markets2022.com/ ">tor dark web </a> 」
そう言いながらTommylofは恍惚の表情を浮かべた。
Cafe日誌No.19713
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。裏の世界しか見てこなかった、世の中にはそういう人間もいる。職業不明はあちきにグアバジュースを注文してこう言った。
職業不明 Michaelfus    
「dark web links <a href="https://darknetdrug.store/ ">dark market list </a> 」
おつむがちょっと弱そうだ。
Cafe日誌No.19712
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。この男性につかまったら、大概の女は人生の地獄を見る。なぜか、宝塚口調で喋り出した。
職業不明 Brandenduh    
「dark web market list <a href="https://darkwebmarketlist.store/ ">deep dark web </a> 」
ちょっとよそでは聞けない話である。
Cafe日誌No.19711
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。不幸を絵に描いたようなタイプだ。JamesBemは現地の人間でも分からないのでないかという癖のある訛りでがなりだした。
職業不明 JamesBem    
「deep web drug store <a href="https://darknet-market.store/ ">tor market links </a> 」
独り言なのだろうか・・・・・?
Cafe日誌No.19710
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。見ているこちらが辟易するくらいの派手な衣装だ。あちきに顔を近づけると口臭を放ちながら喋り出した。
職業不明 SteveLyday    
「darknet site <a href="https://darknetmarket.store/ ">darkmarket 2022 </a> 」
この台詞に何の意味があるというのか・・・・・・。
Cafe日誌No.19709
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。バクチで散々負けたらしく、かなり荒れているご様子だ。Bernardvemはつまらないダジャレを得意げにかましてから本題にふれた。
職業不明 Bernardvem    
「dark web sites links <a href="https://mydarknet.store/ ">darkmarkets </a> 」
このBernardvemは友達がほしくて仕方がない哀れな人物である。
Cafe日誌No.19708
2022年07月01日金曜日 03時59分

大分夜も遅くなった頃、またJamesHomがやってきた。偉丈夫の美貌に店内中のマドンナが息をのむ。JamesHomはスラム街のど真ん中で聞いたという儲け話を始めた。
売人 JamesHom    
「dark web market links <a href="https://versusmarketdarkweb.link/ ">dark markets 2022 </a> 」
おつむがちょっと弱そうだ。
Cafe日誌No.19707
2022年07月01日金曜日 03時58分

大分夜も遅くなった頃、またJanIngenがやってきた。馬も食わない・・・その手の人間だ。JanIngenは辺りかまわず、ののしった。
タレコミ屋 JanIngen    
「dark market 2022 <a href="https://drugmarketsonion.com/ ">dark websites </a> 」
とても貴婦人を恐れている。あちきはそう直感した。
Cafe日誌No.19706
2022年07月01日金曜日 03時58分

大分夜も遅くなった頃、前に見たことがある客が入ってきた。この若い男につかまったら、大概の女子高生は人生の地獄を見る。Ralphhemは辺りかまわず、ののしった。
職業不明 Ralphhem    
「deep web markets <a href="https://tor-dark.com/ ">dark web sites links </a> 」
若い男のこの言葉がのちのち、何人もの人々を苦しめることになろうとは、本人でさえも気づいていなかったのだろう。
Narration BBS Ver 2.1
-[MISSINGLINK & Fayreal]-